アンプルール シミが消えた


アンプルールはドクターズコスメ。医師の高瀬聡子先生が開発したシミ・美白ケアに特化した基礎化粧品。そしてアンプルールにはビタミンCやコウジ酸やアルブチンの100倍の美白効果があるハイドロキノンを高濃度に配合しているので、シミ・美白ケアには最適な基礎化粧品なんです。シミの消しゴムと異名の名をもつほど

 

 

 

その美白効果が口コミから広がり。SNS上でも美白ケアといえばアンプルールといった感じで愛用者は絶えません。アンプルールでシミが薄くなった、改善されたという人は多いんです

 

 

アンプルールのハイドロキノンは他のハイドロキノンよりは肌には低刺激なんです。

アンプルールのハイドロキノンは、医師の高瀬先生が従来のハイドロキノンだと肌に刺激が強すぎるので、ハイドロキノンを「マイクロカプセル化」にし、ハイドロキノンの浸透パワーとスピードをコントロールしながら、シミの原因である「メラニン」が生成されるメラノソームまでハイドロキノンの美白効果を運んでくれるんです

 

 

マイクロカプセル化する事によって、一気に肌に触れないので肌の刺激が軽減されています。

 


から、他のハイドロキノン入り化粧品を使用するよりはよりは、アンプルールの新安定型ハイドロキノンは安全という事になります。

 

今までハイドロキノン入り化粧品で肌荒れした人は、アンプルールの新安定型ハイドロキノンであれば使えるという人も少なくはないんです。

 

 

アンプルールでシミ消えた!私が半年間使いこんだシミ改善効果とは??

最初は美容皮膚科でシミを解消しようと考えていたんですが、高い。私の悩みのシミは頬の広範囲にわたってシミが発生しているので、美容皮膚科ではかなり高額になる。美容皮膚科でシミを取ると、大体1センチ四方で1万円ですから、20万円はかかるなと予想されました。

 

 

そんな時にアンプルールを知り使ってみようと思ったんですよね。
アンプルールはシミを解消する為のシミ集中美容液 ラグジュアリーホワイトコンセントれーとHQ110があるんです。

 


これを使ってみようと決意しました。

 

そんなアンプルールを使う前のシミの画像はこんな感じ。

かなり広範囲のシミで、もうコンシーラーでは隠れないほどのシミでした。
しかしアンプルールを半年使いこんだ結果

 


シミはここまで薄くなったんです。まだうっすら残っていますが使う前よりマシ。そして、半年でここまでシミが解消されているから1年後、にはシミはすっかりなくなるんじゃないかとワクワク♪しながら継続使用を続けています^^

 

 

アンプルールを使って思った事は、質の良いシミケア化粧品を使って根気よく使っていくとシミはちゃんと解消されるんだなと思いました。今まで市販のシミケアクリームなどを使っていましたが1年使っても2年使ってもシミが解消される事はありませんでした。

 

 

しかし、アンプルールのハイドロキノン入り化粧品を使うようになりシミは完全にまだ消えてませんが、6割以上のシミは解消されている感じ。そして継続使用する事でシミコンプレックスから解放されるという未来の事まで見えてきたんです。

 

 

シミ解消のゴールは近いなという感覚ですね。

 

 

アンプルールでシミ解消ケアを考えているのであれば、アンプルールを半年以上は継続使用する事をオススメします。

 

 

肌にはターンオーバーという肌の肌の生まれ変わりがあります。
ターンオーバーとは肌の生まれ変わりの事。
新しく作られた細胞が角化しながら姿を変えて、それぞれの役割を果たし、最後には垢となって剥れ落ち肌が生まれ変わるサイクルの事をターンオーバーといいます。

 

部位や人によっても異なりますが、ターンオーバーの周期は28日周期で生まれ変わると言われています。

 

 

化粧品の有効成分が肌に効き始めるのはターンオーバーの事を考え3ヶ月以上の継続使用が必要と言われています。

 

 

アンプルールのハイドロキノンを肌にしっかり効かせ、シミを解消に導くにはやはり継続使用が必要という事です。

 

 

別に私はアンプルールの回しものじゃないですが、シミが解消されつつあるので、同じシミに悩んでいる人にはアンプルールのラグジュアリーシリーズは使ってみる価値はあるとオススメしたいですね。

 

 

アンプルールでシミが消えた(きえつつある)私からのオススメアイテムはコンセントレートHQ110。
まずはトライアルセットから試すといいです。

 

 

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

page top