アンプルール ビーグレン

【危険】アンプルールVSビーグレン|ビーグレンで美白シミケアは高リスク


アンプルールはドクターズコスメ。医師の高瀬聡子先生が開発したシミ・美白ケアに特化した基礎化粧品。そしてアンプルールにはビタミンCやコウジ酸やアルブチンの100倍の美白効果があるハイドロキノンを高濃度に配合しているので、シミ・美白ケアには最適な基礎化粧品なんです。シミの消しゴムと異名の名をもつほど

 

 

 

その美白効果が口コミから広がり。SNS上でも美白ケアといえばアンプルールといった感じで愛用者は絶えません。アンプルールでシミが薄くなった、改善されたという人は多いんです。

 


今回の話は、アンプルールの他にビーグレンもハイドロキノン入り美白化粧品を出していますが、アンプルールとビーグレンはどっちが効果的に使えるのか?という話。

 

 

 

アンプルールとビーグレン どっちが美白・シミケアに効果的なのか??

ビーグレンにもハイドロキノンが高濃度に配合されていますが、ハイドロキノンが直接肌にふれるような作りの為、肌に刺激が多く、肌が弱い女性が使うと肌荒れや炎症を起こしてしまうリスクがあるんです。

 

 

ビーグレンが使えなかった人が、アンプルールは大丈夫だったという人も少なくはないんです。
その理由に、アンプルールのハイドロキノンは改良されたアンプルール独自処方の新安定型ハイドロキノンに改良されているんです。

 

新安定型ハイドロキノンをもっと詳しく

美白成分として注目されているハイドロキノン。
効果がものすごく高い分、光や酸素、熱に対しては不安定だったんです。その取り扱いが難しかった事で化粧品への配合が困難だったんです。

 

 

アンプルールの新安定型ハイドロキノンは、これまでよりずっと安定して効果が発揮される上に肌に対する刺激もより少なくする事に成功した画期的な成分なんです。

 


新安定型ハイドロキノンは、マイクロカプセル化に成功しているんです。
マイクロカプセル処方で、ハイドロキノンの浸透パワーとスピードをコントロールしながら、シミの根本原因であるメラノソームまで継続かつ確実に効果を運んでくれます。
からハイドロキノンが一気に肌に触れないので、肌刺激も大幅に軽減されました

 

 

アンプルールに配合されている新安定型ハイドロキノンを継続的に使用する事で、最終的にはメラニンを含んだ古い細胞は肌のターンオーバーとして押し上げ荒れるので、最終的には垢となって排出されていきます。

 

ビーグレンにい配合されているハイドロキノンは、マイクロカプセル化もされておらず、肌に直接触れてしまう為肌刺激が強すぎて肌荒れや炎症リスクが高い半面、アンプルールはマイクロカプセル化されている新安定阿多ハイドロキノンを使用しているので、ビーグレンのハイドロキノンよりは低リスクで使えるというわけです。

 

 

簡単に言えば、ビーグレンのハイドロキノンは危険ですよという話。

 

 

ビーグレンで肌荒れを起こした人は、アンプルールのハイドロキノンは使えるという口コミも多いので、ハイドロキノン入り化粧品で美白ケアをしていこうと考えているのであれば、この事は覚えておいた方がいいと思います。

 

 

しかし、アンプルールもビーグレンも肌に合えばラッキーという話。
嬉しい事に、どちらもトライアルセットがあるので、公式サイトを覗いてみるのもいいかもしれません。

 

 

何でも使ってみない事にはわかりませんからね。
どちらも一緒に購入する場合は、必ず使う前にパッチテストをしてから使うとよりリスクは低くなります。
何か肌に心配ごとがあれば、すぐ公式サイトに相談するといいですよ。

 

 

 

アンプルール ビーグレン ホワイトケア

アンプルールトライアルセット \1890
・初回限定価格
・全国どこでも送料無料
・支払い手数料ももちろん無料
※次回使える割引クーポンや、セール情報も定期的にメールで送られてくるので、後々続けていくのであればお得

 

アンプルール公式サイトはこちら

ビーグレンホワイトケアトライアル \1944
・初回限定価格
・全国どこでも送料無料
・肌に合わなかった場合返品返金保証付き

 

 

 

ビーグレン公式サイトはこちら

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

page top